自民公明の大勝?

自公の大勝と報道されそうだが、冷静に分析しよう。

意外や意外、自公はそんなに伸びてないんですよね。
とある自公の議員は前回よりも、やや少ない得票にも関わらず圧勝しました。
6党乱立したその選挙区では「民主」「維新」「みんな」が表を別けてしまった結果、自公の議員が勝ちのこってしまったのです。勝ったのではありません。結果的に残っただけです。
三党足せば自公を上回っています。
さて、これを自公の圧勝と言えるのでしょうか?

そんな選挙区が多かったと思います。

私たちは3年前。
2大政党を理想と思い投票しました。
2大政党は官僚達には都合が悪かったのでしょう、民主党は官僚のシナリオ通り分裂。
2大政党どころかミニ政党ばかり増え淘汰された結果、安定した組織票を持つ自公が残ったのです。

この国では政権交代はおろか、2大政党も出来ない残念な国としか言えません。
やれやれだぜ。

さて、自公は200兆の借金を新たに作る事を公言しています。
数年先だけを見ると悪い話ではないでしょう。
少なくとも私のような中年にとっては「自分が生きている内は美味しい思いが出来る」かも知れない。
若者達には可哀想だけど、自公が政権を握った事で中高年重視の政策がこれから加速します。
プロフィール

kubkubj

Author:kubkubj
MacとiPhoneとiPad。
Apple好きによるブログ。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめドメイン
Macのことなら
モバイルのビザビ
iPhoneケース
楽天
FC2カウンター
検索フォーム