維新の会は財源として相続税の大幅アップを狙っている

民主党がマニュフェストを達成出来なかった原因の一つに財源確保がある。
橋下氏はそれを考慮しての対策として相続税の大幅アップを維新八策の柱にしている事をご存知だろうか?

「相続税なんて庶民に関係ない」と思われる方も多いでしょうが、人は皆それなりに預貯金や家を持っているものです。

相続税の基礎控除と一人当たりの控除額が大幅に減らされる法案が今年の国会では消えました。
維新はそれでも足りないと主張し、100年かけて相続税の名の下に国民から財産を取上げる方針なのです。

一口に相続と言っても昔からの地主や富豪の財産だけでなく、庶民が食費を切り詰めたり贅沢を控えたり、つまり汗水流した蓄えってパターンもあります。
それを第三者が不当に取上げ良いのか大いに疑問です。

「金持ちから取れば良いじゃん」って軽いノリで取上げるのが維新の実態です。
「アリとキリギリス」の例えで言うと、アリが蓄えた資産をキリギリスに簡単に分配する事は果たして本当に平等と言えるのでしょうか?

正直者がバカを見る世の中に私は反対です。
プロフィール

kubkubj

Author:kubkubj
MacとiPhoneとiPad。
Apple好きによるブログ。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめドメイン
Macのことなら
モバイルのビザビ
iPhoneケース
楽天
FC2カウンター
検索フォーム