Wi-Fiに思う

WBSを久しぶりに見る。
全日空のラウンジでWi-Fi活用、Wi-Fiで現場価値を高める特集をしていた。

今はWi-Fi無しの生活は考えられないが、私とWi-Fiの出会いはやはりジョブズが見せてくれた未来の一つです。

コンシュマーノートが出るとウワサされていた1999年。
初代iBookが発表と同時にWi-Fi接続されている姿に驚愕した。
例のネットに繋がったiBookをフラフープを通して見せたパフォーマンスだ。
これが私とWi-Fiの出会いであり、未来を予測するAppleの真骨頂である。

直ぐにiBookを予約して発売日に手に入れると同時に、Wi-Fiの素晴らしさを享受しました。

この利便性を多くの人にと思い、友人の市議に「町中にWi-Fiスポットを作りませんか?」と提案した事もありましたが「使える人と使えない人の格差がある」って理由で却下されました。
iPod touchがようやく発売されたばかりの時代であり、肝心のiPhoneも国内発売未定と言われた2007年の出来事でした。まだまだニッチな分野と言われるのも当然です。

時が流れスマートフォンやタブレット全盛の現代。
改めてWi-Fiが現場価値を高める事を実証されて、私の考えは間違っていなかった事を実証されて嬉しいような悔しいような。
プロフィール

kubkubj

Author:kubkubj
MacとiPhoneとiPad。
Apple好きによるブログ。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめドメイン
Macのことなら
モバイルのビザビ
iPhoneケース
楽天
FC2カウンター
検索フォーム