タレントショップ

「ミキティに責任はないの!?」うそプロデュース店で食中毒の藤本美貴 “名前貸し”の旨みとリスク
日刊サイゾー

この話は、食中毒の話とプロデュースは虚偽って話が混ざっていますが、食中毒に対しての責任は店舗側にあるのは間違いないのでタレントは無関係。

さて、問題はタレントがプロデュースと言うのは事実ではなかった事が公になった話ですね。

これは昔からある商売方法で、原宿や京都にタレントショップが乱立した時代から続いている問題でしょう。
話のネタでタレント店に食事に行くって層には笑い話で済みますが、本気のファンの方だったら怒り心頭かも知れません。
タレントプロデュースに対価を支払っていると言う消費者が存在すれば「詐欺」と言われても仕方ないですね。

違法で無いにしても経営者は、この商売方法に悪意を感じるユーザーが存在するを忘れてはいけない。

タレントプロデュースのラーメン店やら焼肉店、某人気シェフプロデュースのデザート…。
私ならば「本当かよ」って笑い飛ばしますがね。
タレントの副業か、単なるイメージキャラなのかを明確にするべきだとは思います。

ポケモンふりかけ、ワンピースラムネ、ドラえもんガム、ライダーチップス…。アニメキャラの絵が書いてある食品は星の数ほどあります。
そんなノリだったのかも知れませんが「プロデュース」は言い過ぎでしょう。
プロフィール

kubkubj

Author:kubkubj
MacとiPhoneとiPad。
Apple好きによるブログ。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめドメイン
Macのことなら
モバイルのビザビ
iPhoneケース
楽天
FC2カウンター
検索フォーム