ついに総理が憲法改正を言い出した

少し前の話になるが、現職の総理大臣が憲法改正を言い出す危険な国家に日本は突き進んでいる。
このような事を言うと「売国奴」「非国民」と言う戦前よく聞かれたフレーズが飛び出そうだが、現時点で日本は民主主義であり言論の自由が保証されている。(共謀罪が成立されていない現時点では)

北朝鮮の騒動で一番得をするのはやはり安倍総理だろう。
森友事件の収束
堂々と憲法改正と言える環境
内閣不祥事の消火
いい事づくめだ。
「刈り上げバーサーカーの乱心」は、安倍政権が危機的状況からの逆転サヨナラ弾と言える。
これのチャンスを見逃すはずもなく、日本会議のシナリオに沿って安倍総理はついに行動を起こしたのです。

安倍総理の最大の欠点は「他人の痛みを感じられない」事でしょう。
弱者の立場、敗者の苦しみ、他者の痛み。
ボンボンの彼には兵士の命なんてコマに過ぎないのかも知れません。
忘れちゃいけませんよ。
彼は富裕層であり何世代も続いた絶対的権力者です。
そんな男が憲法改正?笑わせるな。
新聞を読めだと?何様だ?
人の痛みを知らない権力者に、国民の運命を委ねるわけにはいかない。
プロフィール

kubkubj

Author:kubkubj
MacとiPhoneとiPad。
Apple好きによるブログ。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめドメイン
Macのことなら
モバイルのビザビ
iPhoneケース
楽天
FC2カウンター
検索フォーム