今後の日本

イスラム国の蛮行で尊い命が犠牲になった事に謹んでお悔やみ申し上げます。
後藤さんの伝えたかったことを我々は噛み締めて、戦争の犠牲者は常に弱者であることを決して忘れてはいけません。

テロは許される行為ではありません。
しかし我々日本人は安倍総理が目指すテロとの戦いに追従して良いのでしょうか?

「テロに屈しない」多くの解釈が出来ます。

総理が言ってるテロ対策は、これまでの法整備や閣議決定を見る限りアメリカ式のテロ対策を目指してるようにしか聞こえないのです。
安倍総理の目標は「武力で対抗」なのは明らかです。

世論もおかしな方向に進み嫌な空気が流れています。
マスコミも平和を語ると「売国」だの「在日」だの意味不明の罵声が飛び交い、まるで戦前の「お国のため」「非国民」といった不気味な世論が形成されつつあります。

戦後レジュームからの脱却とはなんでしょうね?
戦争の痛みを忘れろってこと?戦争に参加するってこと?

そんな世の中誰が望むんだ?と、昭和40年世代のおっさんは切に思います。
プロフィール

kubkubj

Author:kubkubj
MacとiPhoneとiPad。
Apple好きによるブログ。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめドメイン
Macのことなら
モバイルのビザビ
iPhoneケース
楽天
FC2カウンター
検索フォーム