ストーカー呼ばわり

あるストーカー冤罪の話。

毎日決まった時間にスーパーで買い物をしたが為に「ストーカー」呼ばわりされた男性がいます。

その方は世間的に低収入と呼ばれている階層の立場で、仕事帰りにスーパーの見切り品を購入する事で生計を保っていました。

同じ時間に同じ店で買い物。
その行為が仇となり、ある日レジ係の女性に公衆の面前で「もう並ぶな」「わざと私のレジに来るでしょ」と罵倒されました。
完全にストーカー扱いされた瞬間です。

呆れてしまう程の「自意識過剰」と「被害妄想」と「誇大妄想」です。

毎日買い物をする=レジ女性も毎日同時刻のシフト=夜間なので2、3台しかレジが稼動していない。

そりゃ遭遇率高くて当然ですよね

もちろんそのレジ係を避ける事は不可能ではありませんが、そもそもその女性を全く意識していなかったので、避けるなんて考えもしない事です。

突然公衆の面前での罵倒に手足がふるえ、その男性は泣く泣くスーパーで買い物が出来なくなりました。

これは訴えても良いレベルだと思いますが、基本的には痴漢冤罪と同じで、言ったもの勝ちなのかも知れません。

同じ店で同じ時刻に買い物をする全ての男性…要注意です。
プロフィール

kubkubj

Author:kubkubj
MacとiPhoneとiPad。
Apple好きによるブログ。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめドメイン
Macのことなら
モバイルのビザビ
iPhoneケース
楽天
FC2カウンター
検索フォーム