東電、協力企業へ代金支払い保留を通知 契約解除も

東電、協力企業へ代金支払い保留を通知 契約解除も
東電が協力企業(下請け)に対して支払いがなされていない話。

この数日の流れをまとめると。

○東京電力がやってしまった原発関連の事故(事件?)で多大な経費と損害賠償が発生。

○対策として東電の役員ボーナス半分、社員ボーナス2割減。それでも役員1,850万円、社員40万円のボーナス。

○免責を主張、国に損害賠償の肩代わりを求める。

○足りないから電気料金値上げ。さらに増税で補填?…

○協力企業に対して支払いなし。原発作業の方達は協力企業の方が大半なので給料が心配。

原発災害の収束に向けて、すべての力を現場の運用にあてるのが順当かと思うのですが、役員と社員の給料の方が大事って、一般企業の倫理とかけ離れています。
ボーナスカットと言っても社員の給料は普通に支払われてます。さらに言えば年末のボーナスなんてどうせ普通に支払うと予想されます。
被害の損害賠償も東電が抱え込んでいる財産を放出し、それでも足りなければ国が支払う。
それが普通の思考では?

東電。加害者意識が皆無なんですね。
プロフィール

kubkubj

Author:kubkubj
MacとiPhoneとiPad。
Apple好きによるブログ。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめドメイン
Macのことなら
モバイルのビザビ
iPhoneケース
楽天
FC2カウンター
検索フォーム