Mac miniがひっそりとアップデート?

そういえばMac miniの新型が出てましたね。

2年ぶりのマイナーチェンジって事でじっくり見ましたが、ビックリなスペックですよ。

なんと全モデルCore i5しか無いのね。
それだけでも驚きなのに、メモリーが直付で増設はApple Storeのみ!
ちなみに竹モデルをBTOでCore i7にして16GB増設したら126,400円(税別)だそうな。
(しかもデュアルコア!クアッドはどこに行った?)

なんだこれ?
2年前のモデルよりスペックダウン?

まあ、Core i7入りの2012年モデル持ってる自分は関係無い…ってむしろ優越感あるけど、これで良いのか?

Yosemiteインストール

Yosemiteがリリースされたので、MacBook Airに入れてみました。
問題なくアップデートされ、快適です。
シンプルな画面は慣れの問題でしょう。

あえて嫌なところはシステムフォント変わりましたかね?
なんとなく文字が滲んでるのは気のせいかな?
Retinaだとスッキリ見えるとかだと、チョット嫌味なアップデートとも言える。
ひょっとしてMacBook AirがRetina化する布石とか?ありえるな。

PC雑誌の休刊ラッシュ

「Mac People」9/29売(11月号)で休刊らしいです。

昔々…。PCの情報は紙媒体の雑誌が中心でした。
古くは「マイコンBASICマガジン」なんてありましたね。
BASIC言語をそのまま入力したり、PC88、PC98、FM77、X1、X68等々の新機種情報やら、改造記事やら。
「月刊アスキー」「ログイン」と共に一時代を作りました。

「週間アスキー」の前身「アイコン」も気軽な読み物として面白かったです。

Macで言えば「MACPOWER」「MACLIFE」の高級系?Mac雑誌(共に休刊)
お手軽系の「Mac Fan」「MacPeople」が出ていますが、ついに「MacPeople」が休刊。

マイコンから始まったパソコンブーム。
その行着く先は現代の「ネット社会」と「スマートフォン」にたどり着きましたが、牽引してきたのは間違いなくパソコン雑誌である事は間違いがありません。
当時の雑誌を思い起こせばパソコン少年だった時代を思い、胸が熱くなります。

皮肉な事にネットの普及が雑誌を駆逐してしまったのは、数奇な運命と言えますね。

恐怖!エレコムの液晶保護フィルム

大事な事なので、先に書きます。

下記の商品で酷い目に合いましたので、この手の商品の購入は慎重に!


ELECOM 液晶保護フィルム 反射低減仕様 11.6インチワイド  MacBookAir用 EF-FLAMB11ELECOM 液晶保護フィルム 反射低減仕様 11.6インチワイド MacBookAir用 EF-FLAMB11
(2010/12/13)
エレコム

商品詳細を見る


大切に使っていたMacBook Air 11が上記の製品のせいで、危うくジャンク品になる所でした。

さかのぼる事三年前「液晶保護は大事だよね」って軽い気分でELECOMの液晶保護フィルムを購入しました。
先日、新しく13インチモデルを購入するつもりで「11インチは売るかな?」って思い、丁寧に掃除しました。

売る場合は保護フィルムも剥がす必要があるので剥がす事に。悲劇はここから始まった。

セロテープを角に張り、フィルム剥がしを…。 ん?剥がれない。
どんなに頑張っても無理。
過去に他社の液晶フィルムを何度も剥がしたが、こんな事は初めてです。
最後の手段。デザインカッターで角をめくる!(絶対に真似しないで下さい)

傷なし!OK!でも、なにか変。
剥がれたのは上層だけ!最下層のシリコンが「のべーっ」と残ってしまったのです!
シール剥がしに失敗した状態です。
たまにジャンク屋で見かける「何やったらこんな液晶になるんだよ」と突っ込みたくなる、あの液晶。
思えば彼らもエレコムの被害者なのですね。

膝がガクブル。大変な事しちゃった…。

残ったのは只の「のり」じゃない。シリコンが、こびり付いた状態で取れるわけない。
まず試したのは「マジックリン」
これも「のり」なら有効ですが、相手はシリコン。全然歯が立たない。
焦った私は「激落ちくん」だ!と思ったが、寸前で止めました。
こんなの使ったら液晶がザラザラになる。(絶対ダメです)
消しゴム!いや、全然歯が立たない。

で、ここからがGoogle先生の出番。落着いて検索。自分落ち着け。

なんと

エレコム保護フィルムの被害者が出るわ出るわ!

さらに、先人達の知恵で「ライターオイルで取れる」って情報が!

ダメ元で買いに行きましたよ。
ついてない事に、3店回って全て在庫切れ。
4店目てやっと買えました。

結果…。

部分的に残ったけど、殆ど取れました。(注意 絶対火気厳禁です。当方は一切責任取りません)
2時間かかったけど、シリコンがボロボロと剥がれ、次々と透明のシリコンの塊が生産されました。

いやぁ…。久しぶりに顔が青ざめましたよ。

教訓 二度とPCに張り物しません!

あ、既に張っちゃった方は、剥がさない事を強く推奨します。

MacBook Airを買換える

2011年モデルのMacBook Air11を使ってます。
スペック的に何も問題ないのですが、最近バッテリー周りが怪しい挙動をしてしまいます。
具体的にはバッテリー残量が30%切ったあたりで突然シャットダウン、再起動を試みるともっさり起動するもバッテリー残量は0%の表示。
マグセーフを繋ぐもオレンジランプは点灯しますが、ずーっと0%。
仕方なく最後の手段でSMCリセットを数回繰り返し、やっと充電開始される。

まあ、その後は普通に使えてめでたし…。と思っていたが、またもや同じ症状。
不可解なのは、システムレポートの電源は「正常」表示なんですよね。

まあ、なんらかの不具合なのは間違いないので、思いきって買換えました。

その顛末は後日。
プロフィール

kubkubj

Author:kubkubj
MacとiPhoneとiPad。
Apple好きによるブログ。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめドメイン
Macのことなら
モバイルのビザビ
iPhoneケース
楽天
FC2カウンター
検索フォーム