太陽光パネル撤去命令

太陽光パネル「反射光が苦痛」…地裁が撤去命令 読売

へえ。

眩しいから撤去しろって判例が出ちゃいましたね。

神奈川県が全戸に太陽光なんて言ってた過去がありますが、うかつに付けられないですよ。
こんな事は、いつかあると思いましたが、実際に判例として残ると今後の普及は絶望的でしょう。

取付けに助成金は出ても、維持とメンテナンスは自腹でしょうからコストパフォーマンス悪いやら訴えられるやら良い事なしです。

企業においての節電

政府からの要請で節電することになりましたが、元々店舗は電気使用を前提に作られていますので、相当無理をしないと15%節電は達成出来ない印象です。

実験的に開始されましたが、薄暗い店内では売る側も買う側も違和感バリバリです。

生鮮食品と冷凍物は節電しちゃうとえらい事になりますが、その他の腐らないものは生温くなる事は避けられないでしょうね。

体力のある企業は、低電力の設備投資をしてしまえば良いのに。LED化、低電力冷蔵庫、エレベーターの稼動制限。
出来る事はいくらでもある。

なかには100万円の罰金払って電気使いまくり…なんて企業も出るのではないでしょうか?

磁力抵抗「ゼロ」の発電機

磁力抵抗「ゼロ」の発電機 草津の男性が発明

うわっ!
これって世紀の大発明なんじゃない?
誰もが考えそうな事を実行する事が大発明の始まりってのは歴史が証明していますもんね。

いやぁ素晴しい。

ガンダムの「マグネットコーティング」をチョッと思い出した。

太陽光発電はガラパゴス

電力買い取り 静岡県と提言 メガソーラー推進 神奈川・黒岩知事に聞く

う~ん…なにか違うな。

あくまで私個人の意見なのですが、「太陽光発電」は日本固有のガラパゴス技術にしか見えないんですよね。
世界のトレンドは「太陽光発電」ではなく「太陽熱発電」に移行しつつあります。

「太陽光発電」の優位性は限られたスペースでは極めて優秀です。
例えば電卓とか腕時計とか。大きく言えば人工衛星とかね。
つまり単体で運用するのに適したシステム。
しかし大規模な発電になるとコストや安定性が不利になります。

町全体とかになれば大電力を安定供給出来る「太陽熱発電」の方が有利なのは他国では常識。大規模なプラントを作れば火力発電に負けない電力供給を24時間可能になります。

お役所はその辺りをメーカーの言う事を鵜呑みにしないで真剣に考えて頂きたい。

当然メーカーは利幅が大きい「太陽光発電」を推奨するでしょう。

でも貴重な税金を投入する訳ですから、住民に有利なシステムを進めていかないと、気がついたらガラパゴス技術にこだわった弊害が後世に汚点を残す結果になります。

太陽熱発電

ラジオでチラッと聞きましたが、太陽エネルギーの発電と言えば屋根にソーラーパネルを取り付ける「太陽光発電」のイメージがありますが、もっと効率が良い方法もあるようです。
太陽熱発電(wikipedia)

低コストで蓄熱により24時間発電可能と利点も多いようです。

様々な方式がありますが、基本構造は至って単純で多くのミラーで円を作り中央部に反射光を集約。
そこに熱を集中させる事でタービンをまわして発電。
巨大なパラボラアンテナみたいなイメージで良いかも知れません。

問題は設置場所で日本国内でそれほど大規模な施設を作れるかが問題ですが、メガフロートを作り海上で発電とか知恵を絞れば不可能ではないでしょう。
広大な土地を保有している海外に設置場所を提供してもらい、海底ケーブルで送電なんて事は無理なのでしょうか?

原発に頼り過ぎたために、このような研究が疎かにされてしまったのでしょうか?
プロフィール

kubkubj

Author:kubkubj
MacとiPhoneとiPad。
Apple好きによるブログ。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめドメイン
Macのことなら
モバイルのビザビ
iPhoneケース
楽天
FC2カウンター
検索フォーム