ディーゼル不正が再燃

ベンツ300万台リコール ディーゼル車離れ、日本に余波も BMWやマツダは警戒  sankeibiz

日本に住んでいると当然ながら海外の自動車事情は見えない。
日本ではエコカーと言えばハイブリッド車。
今や新車販売の大半を占めるが海外ではエコカーと言えばディーゼル車らしい。
ディーゼルは厳しい排ガス規制の中「クリーンディーゼル」と呼ばれ、安くて低燃費そして環境に優しいと言われ海外では売れまくっていただけに、不正疑惑は大打撃でしょう。

かといってハイブリッドは電気自動車までの「つなぎ技術」なのは間違いなく、大金叩いて中途半端な技術の無駄に重い車を買う意味も私にはよく分からない。
個人的には成熟した技術のガソリン車が現在最強だと思う。、、が10年後は定かでない。あくまで現時点最強。

電気自動車の中古が激安

電池寿命に不安。電気自動車の中古価格が暴落中! yahoo

そうでしょうね。
私は家族クルマを含めてここ数年で買い換えましたが、あえてガソリン車にしました。
構造が複雑なハイブリッドよりも枯れた技術のガソリン車を選ぶと同時に、バッテリー傷んだらどうすんの?って疑問も常々あったので。

今から10数年前に三菱の電気自動車展示が市民桜祭りでやってました。「バッテリーが劣化したら交換できます?」って聞いたら露骨に嫌な顔をされた事を思い出します。
確信をつき過ぎたせいで、一緒にいた友達には場を壊した的な嫌な目で見られました。

あれ以来ハイブリッド、電気自動車は使い捨てって言うイメージしかない。
もっともメーカー的には中古駆逐が出来るのでメリットあるのでしょうが。

高齢者限定免許が議論されているらしい

限定免許の導入検討を=自動ブレーキ車など条件―高齢者事故対策で提言・有識者会議 時事

これは中途半端です。

高齢者が自動ブレーキと誤発進抑制機能付き自動車に乗ることには大賛成です。
私もそう思います、高齢者は高度な安全機能付き自動車以外乗っちゃダメ。

しかし私が半分反対する理由は「高齢者のみ」が限定されるのではなく、全てのドライバーが乗るべきと考えます。
目指すは自動ブレーキの義務化です。
全てのドライバーに恩恵のある自動ブレーキを義務化することによって、安全な自動車社会を構築することが大事なのです。

自動ブレーキとドライブレコーダーの義務化を是非!

某有名警備会社の無謀運転に遭遇した

先日テレビCMでも有名な某警備会社のマークが付いた軽自動車に危険な追い越しをされた。
(有名2社だけど、どっちとは言わない)
元々この警備会社は世間で「ブラック企業」と言われるだけあって、ヤバげな人材が多いのだろう。

前方にバスが止まったのでウィンカーを出し左車線を目視で確認し車線変更しようとしたところ、私の後方を走っていた軽自動車が突如加速、車線変更アプローチに入っていた私を右側から急加速で追い越し、直後に左車線に移動。

まるで頭文字D気取りのごぼう抜きを繰り返しているヤカラでした。
自社のマークをつけてカーチェイスとは恐れ入る。

前後にドライブレコーダーを搭載しているのでアップしようかと迷い中。

高齢者ドラーバーの事故報道に違和感あり!

ワイドショーネタを見ると世論操作が見えてくる。
ほんの数ヶ月前は「舛添」がキーワードでしたが、のちに「小池」に変わり「豊洲」へと変貌してきました。
まあ、どこぞの組織が洗脳に利用しているのは明らかですが、ここ数週間のキーワードは「高齢者ドライバー」

ショッキングな事故映像と日々のローカル事故ニュースを意図的にクローズアップする影には何があるのでしょうか?

高齢者の人口比率は年々増加しています。
当然ながら高齢者ドライバーは年々増える計算ですが、あるサイトの試算ではむしろ高齢者ドライバーの事故率は減っている計算になるそうです。

つまり、高齢者の比率が増える割合と高齢者ドライバーの事故率を比較した場合「増加」どころか「減少」が正しい見方との事です。

ではこれほどの過熱報道の目的はなんでしょうか?
ワイドショーは数字が取れるネタなら何でもやるのが建前ですが、組織の世論誘導も大きな役割です。

ここからは憶測ですが「高度な安全装置を備えた自動車の買い替え需要の奮起」ではないでしょうか?
高齢者ドライバーを意図的に追放することは自動車業界に打撃とも思えますが、実際には「自動ブレーキ車に買い換えましょう」って壮大なプロモーションだと考えられます。
大手広告代理店が考えそうなプロモーションですが、真相はどうなのでしょうね。
プロフィール

kubkubj

Author:kubkubj
MacとiPhoneとiPad。
Apple好きによるブログ。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめドメイン
Macのことなら
モバイルのビザビ
iPhoneケース
楽天
FC2カウンター
検索フォーム